Skip to content
2012/04/17 / phonda

おもしろいSF小説で真っ先に『南極点のピアピア動画』をあげたやつが優勝

4月12日のアクセス数だけ伸びていてドキ胸。

管理画面を見てみると、検索ワードに「抜ける 安藤さくら」とあった。さすがにこれが要因とは考えにくい。

まあ、抜ける抜けないで言ったら、抜けるんじゃないですかね。と僕は思います。えっ、安藤サクラのことだよな? 抜けるんじゃないかな。抜けるよ。何なら今から確かめてみることにしよう。

って、そうじゃない。なぜアクセス数が急に伸びているのかだった。

じつは最初から一目瞭然、ブクログからのリンクが伸びていることは知っていた。

リンク元をたどると、僕がブクログに書いた、『南極点のピアピア動画』の 感想文ページ が表示される。ふむ。

目星がついたので、さらに検索。ブラウザに安藤サクラの顔が並ぶ。まちがえた。これ、さっきの画面だったわ。

すぐに野尻抱介さんのブログが発信源だと分かった。

ご本人による 『南極点のピアピア動画』著者解説 がアップされたのが4月12日。

ビンゴ! 記事の最後にブクログへのリンクも確認した。なるほどこれだー。

あの小説、素晴らしく面白いですよね。読まなきゃバツ!(おすぎ)

やっぱり、円城塔さんや、田中ロミオさんもだけど、オタク気質のロマンチストが書いた小説に胸は熱くなる。

そういうものにつられて行きたいものですよ。

じゃあ、僕が安藤サクラで抜いている間に、未読の人は「ピアピア動画」を読んでしまってくださいね。

はい、散った散ったー。

広告