Skip to content
2012/03/30 / phonda

おどるほうせき

人生ではじめて、文章を書いてお金をいただいた。

ギャラとか原稿料というものの相場を知らないが、僕ごとき素人が貰うには法外な金額だったから、あとで身に覚えのない請求書が送られてくるのかもしれない。

それがクオリティに対しての対価であるなどと思い上がってはいないので、「よーし、お父さん脱サラして物書きになっちゃうぞー!」とは180パーセントなりようもないが、いい経験になった。

もう終わったからこんな調子だけど、正直けっこう胃が痛かったデス。書くって大変!

こんな路地裏のようなブログでも、引っかかってくれる人がいるのだなあ。ありがてえなあ。不思議だなあ。うんこだらけなのになあ。

いつも支離滅裂なことばかり書いて煙に巻いてないで、少しは見られているという意識を持って、気を引きしめるべきだろうか。おでこにネクタイを巻いて。

あ、お金はそのまま新作ゲームソフト『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』に変身しましたョ。

広告