Skip to content
2011/12/08 / phonda

イヴの時間

最近、駅のコンビニに、電子マネーに対応した無人のセルフレジが設置された。

僕は新しいものをとにかく触ってみたいバカなので、使ってみたいのだが、心理的に使いにくい。なぜかといえば、その横のレジに人間の店員が立っているからだ。

朝、どんなに列ができていても、ぜんぜん利用者はいない。みんながどうかは分からないが、僕のジレンマは、「尊厳死」に対する戸惑いにも少し似ている。

単純に、機械がこわいとか、無人レジに気づいていない、といった人もいるだろうけど、朝から「人間とは」みたいなことを考えさせられて、結果的に僕のサンドイッチは不味くなり、お茶を買い忘れる。

これは、会社でも少なからず見かける場面である。「それって、本当は機械にやらせたほうが効率いいよね?」と思うが、それを担当する人間がいるから言えない。

僕も、それに関してはいろいろ苦汁をなめてきた。というか、今もなめている。もうペロペロのレロレロだ。

人間の労働力なんて、もうとっくにバブルがはじけているのに、まだ抵抗するかー、みたいな。で、じゃあ、何をやっているかと思えば、プリントアウトした紙を見てパソコンでデータ入力をしていたりとか。バカかと。

おっと、私情をはさみすぎてしまったようだな・・・・・・。まあ、どうでもいいんですけどね。どうでも。

そんなことより、セブンイレブンで『NEWラブプラス』の体験版をダウンロードしてこなくちゃ! もうペロペロのレロレロだよ!

広告