Skip to content
2011/12/01 / phonda

西どどいつ vs 東どどいつ

リマインダーに残された、「割愛(キャッツアイ)」というタスク。

僕はメモを残すのがとても下手で、買い物リストのようなものは大丈夫だが、感情を書き留めておくことが苦手である。だから、日記や手帳の類もまるでダメで、使えたことがない。

書くという行為は言葉を近づけようとすればするほど、感情と記憶を改ざんしているような気持ちになってくるし、まったく呪われた行為だと思う。

自然主義的な姿勢を貫こうとすると、それならば「原初の言葉」をまず召喚させないとあかんでしょうというモードに堕ちる傾向にある。

感情を未来の自分や他者に通じる言葉に変換するときは、だから騙し騙しやらなければできない。

つまり、1文字でも書いたら最後、ユーキャントストップ! パンドラの箱から最後に出てくるプリングルス。

で、どうすんだ「割愛(キャッツアイ)」は。

広告