Skip to content
2011/11/30 / phonda

バナナの涙

娘(小2)にカーディガンの色がキモいと言われた。デブとも言われた。デブじゃねえ!

日曜日、その娘たっての希望でチョコバナナを作ったのだが、失敗した。パッとイメージする作り方では、上手くいかんのだね。

チョコを溶かしてバナナをヒョイッとつければできるものだと思って甘くみていた。スイーツだけに。

僕は、チョコは温めると溶けて、そのまま冷やせば固まると思っていた。これが違うんだよオヤッサン! チョコが固まらなかったので、バナナとイチゴをフォンドュして食べたら、それはそれでうまい!テーテッテレー!! ということで終わったけど。

悔しかったので後日、仕事中に作り方を調べていたら、どうやら「テンパリング」という温度調整がキモなんですってよ。知ってた?

まあ、そんなことはどうでもよくて、「チョコバナナ 作り方」で検索すると、「教えて!goo」のログが出てくる。

この質問者が、「このままでは文化祭に間に合いません! 助けてください!」と言っていて、なんか、ああー、と思って。『リンダ リンダ リンダ』を思い出したりしてグッときた。

その投稿日時がまた、「2001/08/21 22:43」とか、すごいリアルで切ない。で、当たり前だけど、この人って、今はそのときより10歳は歳をとっているのだなあと。死んでいることもあるだろうけど。それも含めて。

文化祭がどうだったのか、すっげー知りたい。僕が本当に知りたいことって、だいたいそういう種類のものだ。

質問者の人には、あんな書き込みをしたことなんて、すっかり忘れて生きていてほしい。それが一番グッとくる。

という、この僕のブログも、もしかしたら10年後とかにチョコバナナの作り方に失敗した人が見て、ああー、と思うのかもしれないと思うと、それはやっぱり、ああー、と思うよね。という話。

諸行無常でございますなあ。

広告