Skip to content
2011/07/05 / phonda

クロスオーバー畑

おじさんこないだあれ観たわ。人気あるやつ。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』なー。あれなー。アニメなー。いいよなー。メンマ! メンマッ! つって。泣いたわー。ウソだけど。

正直ちょっとセリフで説明しすぎだなと思って、若干ですが引いて観た部分もありました。大人には気をつけろよー。泣いたわぁー、とかウソつくから。うっせえぞ! つって黙らせよう。

『あの花』は、テレビドラマのやり方をアニメに持ってきたという感じがしました。

一方で、アニメの質感ってそのまま映画でも使えるんだ、と思ってびっくりした映画があったので、ご提案したいと思いマス。

『私の優しくない先輩』(監督:山本寛)

アニメファンのあいだではヤマカンと呼ばれ、ネット上での大人気ない言動でいろんな人の反感を買ってはネタのように扱われる山本監督ですが、とても才能のある方だと僕は思います。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の第一期の演出とか、やっぱりすごい。で、この映画も最高でした。

主人公の声でナレーションがたくさん入ったり、空想シーンやミュージカルっぽいシーンがあって、わざとアニメっぽくウソ臭くしているのだけど、それは後半への前フリなのです。

むしろ警戒しまくって観るくらいのほうが、クライマックスでバシッとそれを指摘されて、目頭が熱くなってしまうのでありマス。

僕がもし映画監督でこれを観せられたら、危機感で焦りますよ。

アニメ界とか映画界とかべつにもうどうだっていいですからね、ほんとに。

追記:誤解をまねくような書き方だなあ……。文章ヘタすぎる。『あの花』は好きであります。ジャンルの垣根に対しての「もうどうだっていい」です。アニメも映画も大好きズラ。さーせん。

広告