Skip to content
2011/06/22 / phonda

クォーツ

これは何のセリフだったかな。アニメか、ゲームか。たしか、あれだ、ゲームがアニメになったあれだ。

「1秒後はいつやってくる」

ハッとするのであります。1秒後は、そりゃあ1秒後だと思うだろうけど、問われてみると説明ができないことに気づく。

初めて時間という考え方をした人は、別の誰かにどうやってその考えを伝えたのか、想像するだけでもどかしく、僕ならヤンキー座りで「やんのかぇ~!」と言うくらいしかできない。

時間は相対的なものだと言われて、分かったつもりにはなっているけど、ということは、同じ時計を2人で見て1秒を確認したところで、その1秒が同じものではないのであろ?

で、で、で、じゃあ、そうすると、そこに本当に2人がいるかどうかも怪しくなってくる。

触れば触れるし、物理的にはいる気がしてくるが、その触った感覚は何秒で伝わってきているのか。

まあ、せいぜい遅くとも1秒か。じゃあその「1秒後はいつやってくる」となり、ノイローゼなのである。

僕はそういう屁理屈の上を生きているから、会うとか会わないとか関係ないし、ついには、どこにいたって同じだろうなどと暴言を吐きはじめるわけで、どんどん人と疎遠になっていくのであります。

でも、いいじゃないか、そういう人間が1人くらいいても。

広告