Skip to content
2011/04/19 / phonda

『愛のむきだし』

面白いストーリーに飢えていて、ゲームをいろいろ買ってみたけれど、あえなく撃沈。

そこで観た、映画『愛のむきだし』の面白いこと面白いこと。

4時間もあるのに、あっという間に終わってしまった。心なしかゲームをクリアしたような感覚さえあった。あの面白さは一体何なのだろう。

愛が地球を救う「24時間テレビ」を5年分ほど濃縮してハードコアにしたものを最後まで観たようなカタルシスが得られた。

便宜上なのか、この映画は「家族の再生」や「真実の愛」が描かれているという紹介のされ方をしているのだけど、そういう意味づけとかどうでもいい気がする。

面白さのためならば、聖書の一節すらコピペする徹底したエンターテイメント精神と貪欲さが見事だった。

賛否いずれにせよ、この作品の面白さをひとつの基準として体験しておくと、これから豊かな人生が送っていけると思う。

パンチラとお色気があるので、男子は必修です。観てないやつはシカトするからな!

広告