Skip to content
2011/03/30 / phonda

詞のことはよく分からない。しかし、そこにシビれる!あこがれるゥ!

強く湧き上がってくる個人的な気持ちを、余さずに言おうとしたら、詞になるしかないような気はずっとしている。

まあ、「詞」と「詩」の違いも分かっていないレベルだが。

好き好き大好きWikipediaをのぞいてみると、「詞」も「詩」も、読む気が失せるほどの情報が書いてあった。

僕ってぇー、パソコンでぇー、文字をー、読むとー、目がぁー、疲れちゃう人じゃないですかぁー

……チーン…………

詞は音楽に吸収されることでしか残っていない気がして、それですら、形式として残っているだけの部分もあり、これは人間として教養が低下しているのだろうかと思うと、開き直ることができない。

いちばん最初に言葉を、詞を、残そうとした人の衝動というものは、同じ人間として自分も持っているのだから、その能力を失いたくないと思うですよ。

TwitterやTumblrが面白がられたのは、そこに詞のようなものが生き残っていたからだと思うし。

だからこそ、やっぱり詞の起源と動機を知りたい。

まあ、習うより慣れろとも言うし、まずは自分で書いてみたらいいのか。リラックマのノートに。

広告