Skip to content
2011/02/04 / phonda

君たちはいつも何メイトに行っているのだね

テレビアニメ、観てますか~~~っ!!

僕は観ています。とても観ています。日本ノアニメ面白イヨ。面白スギルヨ。と言っても、それはここ2年くらいのことで、以前はほとんど興味がなかった。

何がそこまで面白いのか。惹きつけられた理由。

テレビアニメの1話あたりはCMを除けば25分ほど。短い。ドラマや映画よりも短い。短いけれど映画にも負けないほどの演出やカメラワークが施されていたり、見どころがたくさんある。

絵。いろんな絵柄があって、それが動いているということが単純に面白い。二頭身やら八頭身やらの人物や、美少女や、美少女や、舞台となる背景や美少女が動いていることが、ただただ美しい。

物語。小説も映画もアニメも、どれもストーリーを「物語る」という点では同じ。しかしテレビアニメの場合は25分程度という独自の制約が、他のものとは違った面白さやスピード感を生むことにつながっていると思う。

声優。僕がもっとも誤解していたのは声優さん。声優さんスゴイよ!作品を理解して、物語を理解して、その人物を理解して、シーンを理解して、心情を理解して、それを演技として表現する。声だけで!だ。信じられない。

音楽。劇中BGMは映画にもあるけれど、オープニング曲とエンディング曲はテレビアニメ独特のもの。これを1話に対して上手く組み込んでいる作品が僕は大好き。

これだけの要素が短時間に詰まっているのだから、面白くないわけがなかったのだ。僕は好きな作品だと何度も何度も同じ回を観たりしている。1度目には気づかなかった演出や心理描写に気づくと、すごく嬉しい。

具体的な作品名を挙げたい気持ちだけれど、キリがなくなるので、グッと抑えてこの辺で。

広告