Skip to content
2010/05/16 / phonda

覚悟を決めようジャマイカ

数回に渡って、好きなものについて一気に書いてみました。これは昨年から年始にかけて感じていたことを整理するとこんな感じです、ということで、本当は言う必要はないと判断したのですが、身近な人にだけでも説明をして、できれば同じ方向を向いて欲しいと思って書きました。

それは、単純に好き嫌いを統一しようなどということではありません。そういった表面だけの答え合わせは必要ないと思います。本当に。

たとえば、よく聞くことのある「業界」がピンチであるという類の話は、その仕組みの整理が必要なだけであって、じつはぜんぜんピンチではないと僕は思っています。実際、じゅうぶんすぎるほど面白いものや事柄が、今現在、世の中にはたくさんあります。それを僕は前回まで、自分なりに書いたつもりです。

僕も中小企業で働くサラリーマンです。たしかに会社の売上げは以前に比較して下がってきています。ですが、僕は「業界」がやばいとは思っていなくて、おそらく関わっている人間の気持ちの問題が大きいと思います。単純なたとえをすると、3人乗りの船に穴があいて浸水している場面で、やばいとかピンチだと言い続けている人物を思い浮かべてください。僕の会社にもそういう人はいます。それは本当に「業界」がやばいのでしょうか。

心の動いていない人間が、人の心を動かすことはないです。精神論を言っているつもりはありません。そして仕事だけの話でもありません。

僕が言いたいのは、本当に生きていくつもりなら、一緒に生きていきましょうということです。

そしてできることならば、僕と一緒にゲームをやって遊びましょうということです。『ラブプラス』や『ドラクエ』の話をしましょう。それでいいじゃないですか。他に何が必要ですか。今までと同じやり方が、必ずしも通用しなくなったことは確かです。そんなこと、ゲームの世界ならありがちなパターンじゃないですか。

だから僕はこのゲームを続けます。なぜって、ゲーム面白いし、好きですからです。あ、『けいおん!』も好きだぜ!そこんとこヨロシクだぜ!

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。