Skip to content
2010/03/31 / phonda

まきぐそ

1つ前に感動がどうこうという曖昧な話をしたので、その補足と具体例となるものを挙げておいたほうが、親切なのだろうなと思ったので書きます。そして、手を伸ばせば誰もが追体験できるものだけに触れるつもりです。

できるだけその分野に興味がない人にも伝えられるように書きますので、1つ1つについて、あまり突っ込んだ話はここではしません。(深く掘り下げるほどの洞察力がないだけという説もあります)

何かの手がかかりに、少しでもなったらいいかなというぐらいの温度です。

と言っても、まあ、大半はゲームの話になるんですけど、僕は生きるためにゲームをやっているので、ご慈愛ください。(僕の人生のスローガンは「ゲーム・オア・ダイ」)

そう考えると、これから挙げるものすべてが、僕を生かしている重要なもので、それが僕ではない誰かにとっても「生きているのがつらい」とか「なんか上手くいかない」という所から、抜け出すカギになる可能性は、大いにあるはずです。

僕は今、生きているのがとても楽しいです。いろいろあったし、大変なことだらけだったけど、やっぱり生きているのがとても楽しいです。

そんなふうに思わせてくれたものの、1つずつに感想を書きたいと思います。(前振りが長いね!老化現象だね!)

途中まで書いたら、引くぐらい長くなったので、(上)(中)(下)に分けて公開します。

広告

One Comment

Trackbacks

  1. Tweets that mention このテキスト、爽やかで情熱的で春にぴったりです。 -- Topsy.com

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。